ソックルとテフヌト手軽い。

 

アメリカの有名な格付け機関のムーディーズ・インベスターズ・サービスも最上格のトリプルA(Aaa)からダブルAプラスに一段階引き下げました。主要国でトリプルAでないのはいまのところ日本とイタリア、カナダだけ。主要国ならトリプルAが当たり前のランクですから、かなり深刻な評価です。財政悪化が格下げの理由と公表しているということは、「日本の国債を買っても、日本政府は借金を返せなくなるリスクがありますよ」と世界に公表しているようなものです。それなのになぜ国債の人気が上がっているのでしょうか?そこにはもっと深刻な背景があります。一つはほかに投資できないからローリスク・ローリターンの国債に向かうということ。つまりほかの投資が危なくてリスクをとれないくらい、日本経済そのものがダメだというもう一つは、ではなぜ格付けが下がりながら安全と思われるかというと、どんなに国家に財源がなくても、はまだ個人は貯蓄を持っているということ。つまり最悪の場合でも、「国家は増税すれば借金を払う源資はある」という思いがあるからです。

8 第5章悩んだ時の心の処し方それよりも、やっぱり平時から一所懸命に情報収集を行い、ひとりでも多くのお客様に会い、新しいビジネスの提案を行っている、そういう人にまかせようと思うはずです。何事も、継続は力です。仕事がないから、チャンスが来ないからといって腐らず、まずは自分から主体的に動いてみること。そうすれば、自分の実力を維持できるだけでなく、監督もピンチヒッターに使ってくれるに違いありません。倫理観は一種の精神安定剤私は、大勢のビジネスパースンに対して、「高い倫理観を持て」と言いたい。しかし、現実に目を向けると、本来であれば大切なはずの倫理観が、どうもないがしろにされている気がします。昨今の企業不祥事などは、まさにその代表例でしょう。私たちは、企業の経営者、あるいは従業員である前に、一市民です。

つまりアメリカの物価はドル表示で安定しており、ドイツの物価もマルク表示で安定しているのである。これはまさに旧ケインズ派が主張し、新しいケインズ派が説明しようとしていた物価の硬直性を示す明白な証拠であるpこのような結果はドル・マルク為替レートに限られたものではなく、広く一般に見いだされる。大ボストン圏(の『$自国○の8口)よりも人口が少ないアイルランド共和国でさえ、一九七七年にョ-ロッパ通貨制度に参入したときには金融政策の有効性を十分に発揮したのである。七七年以前には、アィルラzラo うI 九九三年における理論と政策一九九三年初頭、多くの国はマクロ経済政策のジレンマに陥っていた。アメリカではクリントン政権が議会に対して景気刺激策として減税と公共事業を組み合わせた政策を通過させるように圧力をかけていた。

アホッ、クリエイティブな才能で金がもらえるのは、芸術家や。アーティストやお前さんは芸術家になるんかい。会社を起ち上げるというのは、その人の人生を賭けた一大決断だ。しかも経営者は、社員やその家族まで巻き込んで、非常に大きな責任を背負う立場に立たされる。夢を思い描くのはいいのだが、夢にたどり着くまでの道筋は、しっかり地に足の着いたものでなければならない。私の言っている夢とは、空にフワフワ浮かんだものではなく、繰り返しになると思うが、私は若者が好きだ。彼らの将来に秘められた可能性、素直で純真な心、ちょっとツッパって見栄を張ってしまう愛すべき滑稽さ。どれも、見ていて嬉しくなる。こちらまでワクワクしてしまうのだ。ただ、私には若さを羨ましいと思う気持ちはない